/

この記事は会員限定です

血管など仕組み解明 がん浮腫治療法探る

[有料会員限定]

慶応義塾大学

 田井育江専任講師と久保田義顕教授らは血管とリンパ管ができる仕組みの一端を解明した。血管とリンパ管の構造は似ていて、2つが分かれてできている仕組みがわかっていなかった。がん手術後のリンパ浮腫の治療法開発に役立ちそうだ。

血管とリンパ管は全身に張り巡らされている。がんは周りのリンパ節への転移が多く、手術では臓器とともにリンパ節も摘出することが多い。その結果、リンパ管が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り185文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン