/

この記事は会員限定です

追い込まれる女性研究者 家事・育児の両立重く

科技立国 動かぬ歯車(2)

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大は研究者の男女格差を浮き彫りにした。米ワシントン・ポストが運営するウェブメディアは、1~4月までの女性研究者の論文投稿数が前年同期と比べて最大で50%減少したようだと伝えた。子供が自宅にいる時間が増え、家事などを女性が担っているからだ。

この現状は日本も同じ。緊急事態宣言が発令された5月中旬に文部科学省が研究者に聞いたアンケートでは「学校や保育園の休止で育児の負担が大き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1154文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン