/

この記事は会員限定です

餅で和む 海苔・納豆…我が心の古里

小泉武夫

[有料会員限定]

年末年始は餅と関わる機会が日本人はとても多くなる。年越しと正月用の餅つきに始まり、雑煮、鏡餅、お供え餅、花餅飾りなど枚挙にいとまがない。我が輩も、この年末年始に餅を食べることが多くなるが、餅が大好きなのでこの時期に限らず、年中食べているというのが実情である。

そのため、我が厨房「食魔亭」では一年中餅を欠かすことはなく、常に買い備えている。昔と違い今はいつでも餅が手に入る時代になったので、ありがたい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1021文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン