/

この記事は会員限定です

談合・カルテルの企業、調査協力で課徴金減免

改正独禁法きょう全面施行

[有料会員限定]

課徴金の減免制度を見直す改正独占禁止法が25日、全面施行される。談合やカルテルを自主申告した企業について、調査への協力度合いを課徴金の減額幅に反映できるようになる。企業の協力を促し、捜査に役立つ情報を引き出すことで、公正な競争環境の整備を進める。

改正法では、調査への協力度合いに応じて課徴金の減免率を柔軟に変えられるようになる。独禁法違反を自主申告した順番...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り180文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン