/

この記事は会員限定です

宇宙天気予報を正確に

名古屋大学准教授 岩井一正氏

[有料会員限定]

太陽から噴き出す陽子などの粒子や高温のプラスマガスが原因の磁気嵐は、大規模な停電やデジタル機器の故障などを引き起こす。社会のデジタル化が進むほど磁気嵐を監視する宇宙天気予報は重要だ。岩井一正名古屋大学准教授は電波望遠鏡を使って粒子やプラズマの動きを詳しく観察、宇宙天気予報や太陽活動の研究に役立てている。

太陽から噴き出した粒子やプラズマの流れを太陽風と呼ぶが、光をほとんど出さないので普通の望遠鏡...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り576文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン