/

この記事は会員限定です

「新生銀をESG特化に」

工藤社長、社会課題解決など主軸

[有料会員限定]

新生銀行の工藤英之社長は日本経済新聞の取材に応じ、ESG(環境・社会・企業統治)に特化した金融機関を目指す方針を明らかにした。経営の中枢にESGを所管する専門の委員会を設置する。新型コロナウイルス禍で持続可能な社会の実現に対する関心が高まる中、グリーンローン(環境融資)などESGに配慮した金融サービスを主軸に置き、社会課題の解決につなげる。

新生銀は太陽光発電など環境に配慮したプロジェクトファイナンスなど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り442文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン