/

この記事は会員限定です

東京・調布の深大寺そば

決まりなし 工夫が大事

[有料会員限定]

もうすぐ大みそか。年越しにそばを味わう人も多いだろう。東京都調布市の深大寺周辺は江戸時代から「深大寺そば」で知られ、20店以上が軒を連ねる。ソバの産地や麺の打ち方などに決まりはなく、各店が思い思いに工夫を凝らす。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、各店は消毒や換気も徹底している。

深大寺は食事用にソバを栽培していた。江戸時代前期に食通として知られた上野寛永寺の門主が口にし、「独特の甘みがある」と評...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り796文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン