/

この記事は会員限定です

経営共創基盤、地域企業のDX後押し

ゆうちょ銀などと新会社

[有料会員限定]

コンサルティング会社の経営共創基盤(IGPI)は物流や飲食、製造業などで地域密着型の企業に投資する新会社を立ち上げる。ゆうちょ銀行KDDIなど8社程度がまず計約300億円を出資し、新会社を通じて地域企業に投資する。株式を長期保有して企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を後押しする。

24日にも発表する。新会社は「日本共創プラットフォーム(JPiX)」で、2021年上期にも投資を始める。経営共創基盤の完全子...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り533文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン