/

この記事は会員限定です

半導体技術圏、米中で分断 台湾TSMC巡り攻防

影薄い日本、問われる戦略

[有料会員限定]

「九段線で囲い込まれた宝を救い上げなければならない」――。ワシントンの元米外交官はこう熱弁をふるった。

「宝」とは半導体受託生産(ファウンドリー)で世界最大の台湾積体電路製造(TSMC)のこと。クアルコム、エヌビディアなど米国の半導体企業は、その製造の大半をTSMCに委ねる。

台湾は中国が領有権を主張する九段線の内側にある。TSMCの工場は西岸の新竹市に集中し、海峡の先の中国福建省寧徳市には人民解...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1361文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン