/

この記事は会員限定です

ロボアド、事業拡大競う

ウェルスナビ、来春NISA採用 お金のデザインは家計考慮し助言

[有料会員限定]

ロボットアドバイザー(ロボアド)と呼ばれるサービスを手掛けるフィンテック企業や証券会社が事業を拡大している。大手4社の預かり資産残高は1年間で約50%伸び、5000億円に迫る。22日には最大手のウェルスナビが専業で初めて新規株式公開(IPO)を果たした。

「終身雇用の終わりや老後の年金への不安から、日本でも働く世代が資産形成を強く意識し始めた」。ウェルスナビの柴山和久最高経営責任者(CEO)は語る。数少ない上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1093文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン