/

この記事は会員限定です

野菜急落、11年ぶり安値

12月、「緊急需給調整」も発動

[有料会員限定]

野菜価格が急落している。東京市場の12月中旬時点の卸値は平年(過去5年の平均)を2割下回り、11年ぶりの安値となった。暖冬で葉物を中心に生育が進んだ一方、新型コロナウイルスの再拡大で外食や宿泊施設などの需要が蒸発。暖かい日が続き、家庭での鍋物需要も動きは鈍い。価格急落を受け、12月では14年ぶりの「緊急需給調整事業」も発動された。

農畜産業振興機構(東京・港)がまとめた東京都内の4市場(豊洲、大田...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り728文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン