/

この記事は会員限定です

社保費急増 なお備え不足

歳出抑制策は薬価引き下げのみ 現役負担減は限定的

[有料会員限定]

政府が21日に閣議決定した2021年度予算案で、社会保障費は過去最大の35.8兆円になった。22年度の後半から年収200万円以上の75歳以上の医療費の窓口負担を1割から2割に引き上げることが決まったが、21年度の新たな歳出抑制策は薬価の引き下げだけだった。25年には団塊の世代が全員75歳以上になり、医療費などの膨張が迫る。その備えはなお力不足だ。(1面参照)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1253文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン