/

この記事は会員限定です

伊藤忠、ドバイでごみ発電

世界最大級、中東を開拓 日立造船と1200億円規模

[有料会員限定]

伊藤忠商事日立造船はアラブ首長国連邦(UAE)のドバイで世界最大級のごみ焼却発電を受注した。ドバイの家庭から出る一般ごみを燃やし、その余剰熱で発電もする。総事業費は約1200億円。2024年に稼働する予定で35年間の運営も担う。ごみ発電は日本や欧州で盛んだが中東では前例が少ない。現地では環境対応のため再生可能エネルギーの導入が進む。その新規需要を取り込む。

建設と運営を担う新会社を現地で立ち上げ、伊藤忠が20%、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1326文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン