/

この記事は会員限定です

睡眠剤混入で小林化工に立ち入り

厚労省と福井県

[有料会員限定]

福井県あわら市の製薬会社「小林化工」が製造した爪水虫などの治療薬に睡眠導入剤成分が混入した問題で、厚生労働省と福井県、医薬品の承認審査などを担う医薬品医療機器総合機構(PMDA)は21日、医薬品医療機器法に基づき、同社に立ち入り調査した。

厚労省医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課の田中徹課長は記者団の取材に「極めて重大だと受け止めている。行政処分は免れず、かなり厳しい内容になる」と話した。

また...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り383文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン