/

この記事は会員限定です

米議会、93兆円対策合意

追加コロナ対応、景気不安払拭へ

[有料会員限定]

【ワシントン=河浪武史】米議会の与野党指導部は20日、9000億ドル(約93兆円)規模の追加の新型コロナウイルス対策を発動することで最終合意した。法案の確定を急ぎ、21日に関連法案を採決する方向だ。中小企業の雇用対策に3000億ドルを充てるほか、失業保険の特例加算なども盛り込んだ。米国は新型コロナの感染再拡大が深刻だが、大型の財政出動で景気不安を払拭する。

共和党の上院トップ、マコネル院内総務は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り417文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン