/

この記事は会員限定です

住友電工、光ケーブル特需

国内の生産能力5割増 在宅・データ拠点向け

[有料会員限定]

住友電気工業は大量のデータを素早くやりとりできる光ケーブルを増産する。2021年度にも横浜市の拠点で設備を増強し、国内の生産能力を5割増やす。新型コロナウイルスの感染拡大を受けたテレワークの普及や米国で相次ぐデータセンターの建設で、通信量が増大。関連需要がインフラ分野にも広がってきた。

住友電工は横浜製作所(横浜市)の設備を拡充する。増産するのは約7千本の細い光ファイバーを束ねたケーブル。送受信できるデータ容...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1206文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン