/

この記事は会員限定です

年末年始 検査・病床に懸念

東京・大阪、診療所に協力金/名古屋、臨時PCR施設

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が収まらないなか、多くの医療機関が休む年末年始に検査・診療が滞るおそれが出ている。自治体は協力金を支給して診療継続を求めるなど対応を急ぐ。検査の目詰まりが起きれば重症化する人の把握が遅れかねない。病床不足も懸念される。状況が悪化する地域に応援の医療スタッフを送るなど国の積極的な対応も重要になる。

東京都では19日、736人の感染が確認され、過去最多だった17日の822人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1370文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン