/

この記事は会員限定です

病床の逼迫度合い、7都道府県「最悪水準」

[有料会員限定]

厚生労働省は18日、新型コロナウイルスの感染状況を示す各都道府県の6指標を更新した。うち病床の逼迫状況が最も深刻な「ステージ4」の水準に達したのは7都道府県で、前週から愛知、三重両県が加わった。感染拡大が地方に広まる中、全国的に医療現場の負荷が増している。

流行ピーク時に確保を見込む病床の使用率は兵庫(63.6%)、大阪(60.4%)、高知(57.0%)、愛知(54.9%)、北海道(54.8%)、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り316文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン