/

この記事は会員限定です

ニトリ、コロナ下4割増益

3~11月営業、1200億円に 「巣ごもり」裾野拡大

[有料会員限定]

ニトリホールディングスの2020年3~11月期の連結営業利益は前年同期比約4割増の1200億円弱となったようだ。新型コロナウイルスの感染長期化を受けて巣ごもり需要の裾野が拡大。売れ筋商品が春先と変わり収益を押し上げた。売り上げ回復の鈍い小売りが少なくないなか、ニトリHDの好調が鮮明だ。

売上高は5400億円程度と1割強増えたようだ。既存店売上高は11%増えた。9月に前年の消費増税の反動で前年同月比2%減となったものの、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1053文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン