/

この記事は会員限定です

READYFOR・CEO 米良はるか氏

「寄付型」に大企業も呼応

[有料会員限定]

「社会課題を解決するお金の流れをつくりたい」。クラウドファンディング(CF)を手がけるREADYFOR(レディーフォー、東京・千代田)。米良はるか最高経営責任者(CEO)は金銭的な見返りがない寄付型CFにこだわり続けてきた。

寄付を募る主体は大学や非営利団体が多く、従来の資金の出し手は個人らがメインだった。転機は2019年。企業が自ら定めたSDGs(持続可能な開発目標)に基づき、募集主体に資金を寄...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り343文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン