/

この記事は会員限定です

新規上場6年若返り 00年比、設立から平均17年

IT企業がけん引

[有料会員限定]

国内で新規株式公開(IPO)企業の若返りが進んでいる。2020年のIPO企業の設立から上場までの期間は17年で、2000年と比べて6年短縮した。けん引するIT(情報技術)企業は製造業に比べて設備投資が小さく、設立直後から事業が軌道に乗りやすい。資金調達の狙いは人材採用の強化が多く、調達額も小規模になっている。

17日はウェブサイトやアプリ上の消費者の行動データを解析するプレイドが、設立から9年で東...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り792文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン