/

この記事は会員限定です

外食15社、コロナ損失100億円超 店舗減損・食材廃棄で

時短・休業要請、愛知全域に 各社「先行き厳しく」

[有料会員限定]

中部の主要な外食15社が2020年に新型コロナウイルス関連で計上した損失が100億円を超えた。店舗の減損や営業停止中の食材廃棄、人件費などの特別損失を集計した。コロナ対策として愛知県は18日から、酒類を提供する飲食店などに要請している営業時間短縮・休業の要請区域を全県に広げる。年末年始のかき入れ時に重なり、各社の損失はさらに膨らみそうだ。

各社の既存店売上高(前年同月比増減率)は11月に入り、感染...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り863文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン