/

この記事は会員限定です

変わる年末年始の風物詩

都庁、初日の出オンライン鑑賞 TDR、大みそか夜通し営業中止

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染拡大が、年末年始の風物詩にも影響を及ぼしている。首都圏では初日の出の観賞をオンラインに切り替えたり、年越しイベントを中止したりする動きが出ている。感染者数がさらに増えれば、中止などの動きが広がる可能性もありそうだ。

新年を迎えた元日に、地上202メートルから初日の出を見る都庁展望室(東京・新宿)の早朝開室は中止が決まった。都は代替として、初日の出の様子をインターネットでライブ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り920文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン