/

この記事は会員限定です

日米欧、GDP下振れ 感染再拡大で観光・外食打撃

10~12月民間予測 欧州10.4→-10%

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、世界経済にブレーキがかかりそうだ。民間エコノミストの直近の予測によると、日米欧の10~12月期の実質成長率は従来予測よりも下振れする。特に感染拡大が深刻な欧州はマイナス成長に陥る見通しだ。一方、感染対策と経済活動の両立に成功する中国は成長ペースを維持しており、明暗が分かれる。

金融情報会社リフィニティブの集計によると、12月時点の民間エコノミストの国内総生産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1593文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン