/

この記事は会員限定です

関西の鉄道(上) 観光依存が裏目、収入半減

低い定期比率、コロナ逆風

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、関西の鉄道各社が大変革を迫られている。人の移動が鈍り、コストや設備投資を抑えても止血が追いつかない。沿線人口の緩やかな減少こそ想定していたが、コロナは「安定」と思われていた業種に急変をもたらした。事業をいかに維持・発展させるのか。模索を追った。

値上げも視野

「いざ、そのときになって運賃制度を検討していなかったら怠慢になるぞ」。近鉄グループホールディングス(GHD)本社。近畿日本鉄道の都司尚社長が鉄道事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1387文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン