/

この記事は会員限定です

コロナ新薬、日本勢も着々 創薬技術競争の場に

抗体活用、武田が世界で治験開始 細胞医薬はロートが幹細胞を活用

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの治療薬で、新技術を駆使してゼロから創り出した薬の開発が大詰めを迎え、「本命」として期待されている。これまでに国内で承認された「レムデシビル」や「デキサメタゾン」は、他の疾患向けの薬を「転用」したものだ。治療薬開発はさまざまな創薬手法の技術間競争の場でもある。

ドラッグリポジショニング――。一般には耳慣れない言葉だが、既存薬を別の疾患向けに転用することを指す。コロナ治療薬開発の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1849文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン