/

この記事は会員限定です

ワイン作りにプリウス活躍

[有料会員限定]

国内のワイン用ぶどう畑で最大級の面積を抱える北海道ワイン(北海道小樽市)の鶴沼ワイナリー(浦臼町)が11月、農薬散布にゴルフカートのような農業用ロボットを試験導入した。前方のカメラが左右の木々を撮影。人工知能(AI)が画像処理して生育状況を把...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り122文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン