/

この記事は会員限定です

行政検査伸び悩み

能力は1日54万件、簡易キット不足が壁

[有料会員限定]

民間の自費検査が広がる一方で、症状がある人や濃厚接触者らを対象に公費で負担する行政検査はなお課題が残る。厚生労働省は全国で最大1日約54万件の検査が可能と見込むが、着実に機能させるための手立てが求められる。

新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備え、同省は11月に診療・検査体制を見直し、かかりつけ医などでも検査を受けられるようにした。都道府県からの聞き取りでは、流行ピーク時に1日約54万...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り469文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン