/

この記事は会員限定です

コロナ禍悪用したテロの恐れ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴い、インターネット上の過激思想や陰謀論が人々を引きつけている。過激派やテロリストの活動が世界的に勢いを増す懸念が、安全保障の専門家の間で高まる。

駐アフガニスタンの英国部隊を率いたエド・バトラー氏は11月、国際テロ組織アルカイダやイスラム過激派「ボコ・ハラム」などが「各国政府がコロナ対策に追われる状況を利用している」と語った。コロナ禍による不安や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り712文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン