/

この記事は会員限定です

大阪の病床「常にフル稼働」

重症患者受け入れ困難 医師ら片時も目を離せず

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で大阪府は「医療非常事態」を宣言している。重症者を受け入れる病院ではベッドがほぼ埋まり、新たな患者の受け入れが難しくなっている。1人回復してもまたすぐ次の患者が運び込まれる。終わりの見えない「フル稼働状態」の中で、医師や看護師らに疲労が蓄積している。

1日午後3時半ごろ、近畿大病院(大阪府大阪狭山市)でコロナ患者に対応する副看護長(45)のPHS端末に医師から連絡が入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り739文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン