/

この記事は会員限定です

超難問 間違い探しが人気

「簡単そうで難しい」魅力

[有料会員限定]

2つの絵を見て、違いを見つける「間違い探し」。注意力を競う定番のクイズだが、超難問バージョンがなぜか最近よく売れている。

その先駆けとなったのが「むずかしすぎる まちがいさがし」(ワニブックス)。動物、弁当、回転ずし、イラストなどを見て、3つ、あるいは5つの間違いを見つけるわけだが、これが今風に言うと本当にムズい! 2つまでは分かるが、クリアは時間をかけてもなかなかできない。

回転ずしの場合、すし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り979文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン