/

この記事は会員限定です

ENEOS「農業+発電」耕す

農地の上にパネル、太陽光増やす 低炭素型を全国で事業化へ

[有料会員限定]

農地の上に太陽光パネルを設置する営農発電(ソーラーシェアリング)が広がってきた。日照を遮るため農作物の選定が難しいといった課題を、ENEOSホールディングス(HD)などの企業が事業化し乗り越えつつある。大規模太陽光発電設備(メガソーラー)の適地が減る中、再生可能エネルギーを増やす新手法として参入も相次ぐ。

営農発電は農地に支柱を立て、その上に太陽光パネルを設置し営農と発電の「一石二鳥」を狙う。農...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1581文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません