/

この記事は会員限定です

AI導入で業務変革加速

Laboro.AI CEO 椎橋 徹夫氏

[有料会員限定]

企業などのAI(人工知能)導入の機運が高まる一方で、PoC(プルーフ・オブ・コンセプト)と呼ばれる概念を実証する段階で終わるケースも少なくないといわれる。AIスタートアップLaboro.AI(ラボロエーアイ)の椎橋徹夫・最高経営責任者(CEO)はこうした誤算を招かないためには「AIの導入目的を短期・長期の両方の視点からバランスよく判断することが重要だ」と語る。

企業は機械学習ベースのAIを実際のと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り597文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン