/

この記事は会員限定です

<回顧2020>演劇 苦難が生んだ新たな試み

[有料会員限定]

表現の特性から密閉、密集、密接を避けられない舞台芸術は、コロナ禍に直撃された。劇場は3月下旬から6月までほぼ閉鎖され、再開後も苦境が続く。ぴあ総研の直近の試算で、今年のステージ市場は前年の2058億円から592億円へと3割弱まで落ち込む。

興行会社、劇場、劇団、制作会社が初めて手を結び、緊急事態舞台芸術ネットワークという組織をつくった。小劇場エイドなどさまざまな活動も生まれ、クラウドファンディング...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1234文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン