/

この記事は会員限定です

電力会社に排出枠

経産省検討、再生エネ拡大促す

[有料会員限定]

経済産業省は電力会社に対し、温暖化ガスの排出枠取引制度を導入する検討に入った。排出量の上限を超過した分は他社から排出枠の購入を求める制度で、電力会社は二酸化炭素(CO2)を排出しない再生可能エネルギーの導入拡大が必要になる。政府が掲げる2050年の温暖化ガス排出「実質ゼロ」の達成に向け、特に排出量の多い電力部門に変化を促す。

排出枠取引制度では、排出量が上限を超える企業は上限を超えていない企業など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り464文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン