/

この記事は会員限定です

(社説)石油需要回復に潜む危うさ

[有料会員限定]

石油輸出国機構(OPEC)と、ロシアなどOPECに加盟しない産油国が、原油の減産を緩めることで合意した。新型コロナウイルスのワクチン普及に伴う需要の拡大に期待し、減産量を段階的に小さくしていく。

とはいえ、足元の需要回復は鈍く、減産緩和に慎重な産油国もある。原油市場の安定は消費国にも欠かせない。生産協調がどこまで維持されるのか注意が必要だ。

OPECとロシアなどの非OPEC産油国は現在の日量770...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り593文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン