/

この記事は会員限定です

LG改革、プロ経営者担う

化粧品・化学が稼ぎ頭に、時価総額で電子逆転 韓国財閥経営の転機に

[有料会員限定]

【ソウル=細川幸太郎】韓国財閥のLGグループで外部から招いた「プロ経営者」のもと、稼ぐ企業の交代が進む。化粧品のLG生活健康はM&A(合併・買収)を加速、LG化学も車載用電池に注力して収益を伸ばす。両社の時価総額はグループで筆頭格のLG電子をすでに逆転。創業家が主導する韓国の財閥経営の転換点になる可能性もある。

11月の中国最大セール「独身の日」。この巨大商戦で、化粧品部門の販売額4位にLG生活の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1610文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン