/

この記事は会員限定です

沖縄電「排出ゼロ」へ火力効率化

50年までの工程表策定

[有料会員限定]

沖縄電力は8日、2050年までに二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにするとし、その工程表を発表した。火力発電の効率化と再生エネルギーの拡大が計画の柱だ。火力燃料には水素などのクリーンエネルギーの利用を拡大する。風力の導入拡大や蓄電池開発で、再エネ比率も高める。

記者会見した本永浩之社長は「非常にチャレンジングな目標だが、新技術導入などに果敢に取り組みたい」と述べた。政府が打ち出した温暖化ガスの排出ゼロ目...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り389文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン