/

この記事は会員限定です

麻布大 ヒトと動物の共生科学センター

感染症・不妊…研究深める

[有料会員限定]

麻布大が今年6月に設立した「ヒトと動物の共生科学センター」では学問の垣根を越え、人と動物のよりよい共生方法を探る。新型コロナウイルスを始めとした人と動物に共通する感染症や生活習慣病の予防など、成果をさまざまな社会課題の解決に役立てようとしている。

■   ■

力を入れるテーマの1つが、人と動物がどう影響し合うかを探る相互作用の研究だ。センター長の菊水健史教授が携わる。イヌと飼い主にセンサーをつけて歩...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1104文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン