/

この記事は会員限定です

はやぶさ2 カプセル帰還

JAXA、豪州の砂漠で回収

[有料会員限定]

小惑星探査機「はやぶさ2」が52億キロメートル、6年間に及ぶ宇宙の旅から持ち帰ったカプセルが6日未明、地球に帰還した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)は同日午前、カプセルをオーストラリア南部の砂漠で発見、回収した。初代「はやぶさ」に続き、天体から物質を持ち帰る「サンプルリターン」に再び成功し、日本の技術力を世界に示した。(関連記事総合・経済面、社会1面に

JAXA相模原キャンパス(相模原市)で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り321文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン