/

この記事は会員限定です

「自粛で老化」防止へ知恵

買い物カート、足腰のリハビリに 遠隔操作ロボで認知症対策

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で自宅にこもりがちな高齢者が増える中、全国の官民が「老化」を防ぐ狙いでユニークな取り組みを始めている。生活に欠かせない買い物とリハビリを組み合わせたり、遠隔操作ロボットを使って認知機能の低下を防いだりとアイデアは様々。介護や医療費の圧縮にもつながると期待している。

兵庫県宝塚市のスーパー、イズミヤ小林店の一角に10月、買い物しながら要支援の高齢者らがリハビリを行う施設が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1061文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン