/

この記事は会員限定です

「超低温」ワクチン供給網急ぐ

米、配送実験や設備確保/英、病院50カ所で受け入れ体制

[有料会員限定]
訂正 5日付朝刊総合2面「『超低温』ワクチン供給網急ぐ」の記事中、「国際児童基金」とあったのは「国連児童基金」の誤りでした。

英国で7日、米国で12月中旬にも始まる新型コロナウイルスワクチンの接種に備え、各国が供給網の整備を急いでいる。第1弾となるファイザー製ワクチンはセ氏マイナス70度の低温で輸送・管理する必要があり、医療機関などに届ける供給網づくりが課題になる。

米製薬大手ファイザーと独ビオンテックのワクチンを世界で初めて承認した英国は、7日にも医療機関などでの接種を始める。英政府は同ワクチンを計4千万回分確保し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1800文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン