/

この記事は会員限定です

パリ協定未達なら4.5度上昇 降水量200ミリ以上の日数2.3倍

[有料会員限定]

文部科学省と気象庁が4日、気温上昇による日本の気候への影響をまとめた予測結果を公表した。地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」を達成しない場合、日本に深刻な影響が出ることを科学的に明らかにした意義は大きい。温暖化ガス削減に向けた取り組みは待ったなしだ。日本が蓄積してきた技術を拡大・普及させる戦略が必要だ。(1面参照

パリ協定を達成できないセ氏4度上昇の場合、日本を悩ます台風はより強まり、豪雨も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り912文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン