/

この記事は会員限定です

コロナ下で岐路(下)大光銀「課題シート」作り支援早く

石田幸雄頭取

[有料会員限定]

新潟、長野の企業が新型コロナウイルスの影響に依然として苦しむなか、地元の金融機関がいかに貢献できるかが地域の浮沈のカギを握る。両県に本拠を置く第二地銀、大光銀行の石田幸雄頭取と長野銀行の西沢仁志頭取に今後の展望や重点施策を聞いた。

――コロナ禍以降、資金繰り支援の状況はどうなっているでしょうか。

「新型コロナ対応融資は3500件強、約600億円分を取り扱ってきた。当行をメインとする企業以外でも、新規の顧客を含めて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り817文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン