/

この記事は会員限定です

五輪追加経費2940億円

コロナ対策、政府6割負担

[有料会員限定]

東京五輪・パラリンピックの延期や新型コロナウイルス対策に伴う追加経費が2940億円に上り、東京都が1200億円、大会組織委員会が1030億円、政府が710億円を負担することで4日、合意した。政府は当初、追加支出に慎重だったが、安全開催に関与は不可欠と判断し、コロナ対策の半額以上を担う。

4日午後から都内で組織委の森喜朗会長、都の小池百合子知事、橋本聖子五輪相が会談。森氏は会談後、「確実に開催する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り907文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン