/

この記事は会員限定です

〈回顧2020〉美術 デジタル遅れ、弱点あらわ

[有料会員限定]

2月末、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため主要な国立美術館・博物館が一斉休館すると全国のミュージアムがこれに続いた。国内外で人やモノの往来が停止。海外からの作品借用のめどが立たず、大型展の延期や中止が相次いだ。コロナ禍は日本のミュージアムの弱点をあらわにしたと言っていい。その一つがデジタル化の遅れだ。

たとえばニューヨークのメトロポリタン美術館は10年がかりで所蔵品に関するデジタルコンテンツを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1262文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン