/

この記事は会員限定です

医療保険 データ踏まえて

入院日数・実質負担を把握

[有料会員限定]

長寿化で医療費負担に対する不安が大きくなり、医療・がん保険に関心が高まっている。ただしやみくもに加入すると、保険料が家計の大きな圧迫要因になりかねない。入院の日数や確率、費用などのデータや公的医療保険の仕組みも知ったうえで総合的に判断することが大切だ。

若手中心のファイナンシャルプランナー(FP)十数人が開いた保険勉強会。講師に招かれた保険会社の営業担当者が「40代前半の会社員男性が脳梗塞で3年間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1973文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン