/

この記事は会員限定です

家庭の電気争奪戦

巣ごもり長期化で需要増 割安新興に大手対抗

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染が拡大した3月以降、家計に占める電気代の割合が高くなっている。在宅勤務など巣ごもりの機会が多くなり、家庭の電力消費量が増えているためだ。新電力の中には大手電力から顧客を奪う好機ととらえ、割安プランを打ち出すところも出てきた。大手電力も対抗策を打ち出しており、電力会社を見直す良い機会となっている。

「毎月の基本料金は大手電力より500円くらい安くなりますよ」。埼玉県越谷市の「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1087文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン