/

この記事は会員限定です

コンビニ・外食、高価格商品

「プチぜいたく」需要狙う 節約志向に逆張り戦略

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で個人消費が冷え込むなか、コンビニエンスストアや外食チェーンが相次ぎ高価格帯の商品を投入している。ファミリーマートは通常より50円以上高いおにぎりをシリーズ化し、吉野家ホールディングスはこれまでで最高価格品を販売。消費者の節約志向が高まる一方、逆張りの戦略で「プチぜいたく」需要を刺激する狙いだ。

ファミリーマートの10月の既存店売上高は客数減が響き前年同月比6%減だったが、客単価は逆に5%伸びた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り691文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン