/

この記事は会員限定です

自動車に排出枠取引制度 20年代後半 販売目標課す

新車、30年代全て電動車に

[有料会員限定]

経済産業省は2020年代後半に自動車に温暖化ガスの排出枠取引制度を導入する検討に入った。メーカーに電気自動車(EV)などの販売比率目標を設け、届かない場合は達成済み企業からの排出枠の購入で補わせる。30年代半ばに新車は電動車(総合2面きょうのことば)のみとする目標を設けるためで、日本経済を支えてきた自動車産業の構造転換は待ったなしだ。(関連記事経済面に

10日に自動車業界関係者を集めた会議を開き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1013文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン